【赤みを消すヘアカラーオタクが解説】アッシュ系になりにくい人はここに気をつけよう!

こんにちは。赤みを消すのが大好きなヘアカラーオタクの本村正文です。

  
 最近はご新規様の八割以上がアッシュ系をオーダーされる事が多く、最早赤みを消すのが今の僕の使命とも感じております。もちろん皆様僕のスタイル写真やBlogを読んで頂いてのご来店なので必然的にアッシュ系が多くなると思うのですが。

そして今回はヘアカラーお悩みについてヘアカラーオタク本村がリアルなサロンワークを元に書かせて頂きます。
僕が担当させて頂いているお客様からよく聞くお悩みが

色がオレンジっぽくなるのが嫌>_<】

というワードです。

そういった場合は所謂アッシュ系を使って染める事が多いのですが、日本人の髪の毛は元々持っている色素が【赤色メラニン】が多く含まれているのでアッシュ系はなりにくい。という大前提があります。

【アッシュ系をオーダーしても中々思う色にならない>_<

そんな方は特に赤色メラニンが強い場合が多い可能性が高いです。特徴としては、髪が硬い、太い方に多い悩みだと思います。

ではどうすればキレイなアッシュ系になるの?

少し専門的なお話になりますが

  1. 色相環からいうと赤を一番消す定番はなんですが、オレンジを消す意味でを思い切って使用する。
  2. モノトーン、グレーなどの無彩色を使い色をまろやかにする。
  3. 薬のパワーを調整する。染まりやすい所は弱く、染まりにくい所は強くする!とうイメージでしょうか。
  4. ブリーチを使いオレンジ、赤を脱色する。毛束を細くとりハイライト(部分的に明るくする事)を入れるのもオススメですよ。

                        ↓↓↓↓↓↓↓

ハイライトなど多色カラー詳しく書いております。興味のある方は是非ご参考ください。

【ミルフィーユカラー??外国人風スタイルの秘密はハイライト&ローライトの入れ方にあった】 

 
ちなみに上の可愛い写真は全てアッシュ系の多色使いのカラーです。

5そして今回一番お伝えしたい事は

同じ系統の色を毎回重ねた方が圧倒的にカラーの色味のクオリティは上がる!!

という事です。

アッシュ系であればアッシュ系。ピンク系であればピンク系。という感じですね。

少し専門的な用語を今回は使わせもらいましたがカラーをさせて頂く時はこの辺りもしっかりとご説明させて頂きます。

Share Button
美容室est 本村正文LINE@はじめました。
【できること】
•予約
•ご質問(料金、セットの仕方他)
•プレカウンセリング(画像、スタイルに対してどんな施術が良いかなど)
•美容情報配信(セルフスタイリング方法、最新スタイル、オススメアイテムなど)

他にも広がってきそうですね^_^

時間の許す限りフォローしていきますのでお気軽に追加してくださいね。

追加はこちらからどうぞ^ ^

友だち追加