【稲中の作者は未来が見えていたのか?】

好きなんですよねぇ。

【行け!稲中卓球部】

姉2人の中で育った僕は幼い頃【少年コミック】読む事がなかったんですが

5つ上の従兄弟の兄ちゃんに教えて貰った漫画。

1993〜1996年

ヤングマガジン掲載

公式サイト

http://yanmaga.jp/contents/ike_inachutakkyubu/

今の時代じゃ結構

『アウトなのかなぁ』というくらい際どい攻めの漫画だと思うのですが(あとおぼっちゃま君とかね)

とにかく腹抱えて笑う。

個人的には“田中”がツボで

『逆ギレ』

の意味を知ったのは“田中』のおかげだと思っています。

そして

【カーリング】

は1998年長野オリンピックから正式種目として取り入れられているようなのですが

上記でも分かるように【稲中】の作者は

『カーリングの可能性を既に感じていたのでは?』

1993年って今から25年前なんですが、当時カーリングがここまで人気が出るってちょっと予想出来なかったんじゃないかな。

ちなみに1993年って

Jリーグ開幕年でサッカーが盛り上がり始めたとしなんですよね。

(´-`).。oO僕ヴェルディ川崎の帽子被ってたし

そう考えると目の付け所が違うというか、先見の明があるというか。

やっぱり【売れるモノ】を作る人は違いますね。

冬季オリンピック残り9日間。

選手の皆さん頑張ってください。

Share Button
美容室est 本村正文LINE@はじめました。
【できること】
•予約
•ご質問(料金、セットの仕方他)
•プレカウンセリング(画像、スタイルに対してどんな施術が良いかなど)
•美容情報配信(セルフスタイリング方法、最新スタイル、オススメアイテムなど)

他にも広がってきそうですね^_^

時間の許す限りフォローしていきますのでお気軽に追加してくださいね。

追加はこちらからどうぞ^ ^

友だち追加